不動産営業に必須の資格!就職にも有利な宅建資格

日本で最もメジャーな資格

宅建は、毎年10月の第三日曜日に試験が行われ、20万人以上の受験者がいる資格です。日本で最も受験者が多い資格試験と言われます。宅建は不動産取引の際に重要事項の説明ができるようになる資格で、不動産業者の事業所には一人以上いる必要があります。資格があることで不動産取引の信頼感が増しますし、事業所の責任者になることができます。また、民法や不動産登記法なども試験の範囲になりますので、資格取得後には行政書士や司法書士など、上位資格にチャレンジする人も多いです。

取得に必要な期間や勉強方法は?

宅建の取得には、概ね3カ月から6カ月が必要とされます。一日の中で学習に充てられる時間は人それぞれですので、あくまでも目安です。仕事をしていない方は全てを学習に費やすことができますので、1カ月ほどで取得する人もいます。合格率は15パーセントほどと、決して簡単な試験ではないので、継続した努力が必要です。資格取得に向けた予備校や通信教育がありますが、通信教育や書店で販売している参考書で勉強し、合格するケースが多いです。試験当日に最高の状態に持っていけるよう、計画を立てましょう。

宅建資格の今後の展望

かつて、宅建は非常に簡単に取得できる資格でした。昭和時代には、運転免許の筆記試験と同じくらいの難易度であったと言われています。しかし、近年は比較的難しい資格と言われています。行政書士も今では難関資格ですが、昔は簡単な資格でした。このように、法律系の国家資格は年々難易度が上がる傾向にあり、いずれは宅建も難関資格と言われる時期が来るでしょう。特に不動産業界を志望される方は、なるべく早めに取得しておくのが良いです。

宅建の講座について関心を持つ方が増えています。効率的に資格取得の勉強をしたいなら、通信教育が最適です。空いた時間を利用して、自宅学習をすることができます。