通信制高校の、学年制でなく単位制のメリット

留年するのを避けたくて中退

高校の中退って、本人が希望したわけじゃなくても、そういう事態になることがあるんですよ。もちろん学校に合わなくて、やめる人もいますけど。例えば通学制の高校に通っていて、留年という事態になった場合です。まあ、保護者からすると、高校生を留年なんてさせないだろうと考えるのも無理がない面がありますが、ひと昔前と違い、近頃は留年させますからね。学年が変わるのってしんどいですから、そうなるとやめることを選択する生徒も多いわけです。

中退しても道は用意されている

高校側も、留年させたためにやめることになった生徒に対し、通信制高校を案内します。ひと昔前は、高校を中退したら、その先の道は閉ざされているのも同然だったから、高校側も留年者を出さないようにしていた面があるんですけど。現在は、通信制高校という道が用意されているためか、淡々と手順を踏んでバッサリ留年させますね。通学制高校では集団行動が多いですからね。学年というまとまりから外れたら、身の置きどころがないと感じる生徒も多いでしょう。

学年がなく、単位制の高校

通信制高校には、単位制を採用しているところが多く、学年を気にすることなく学習できます。高校を中退して入っても、2年次以降の中退であれば、編入と言う形になり、前の高校で取得した単位が使えます。最初からやり直しということでもなく、途中で違う学び方に変えたという程度です。編入後の学年なども気にする必要がありません。早く卒業したい場合はピッチを上げ、ゆっくり学びたい場合はそうすることもできます。回りとの足並みを気にしなくていいのも、メリットでしょう。

通信制高校とは様々な事情で、高校に通学できない生徒を対象に、在宅していてもネットなどを利用して、高校卒業資格がとれる高校です。合わせてスクーリングといわれる、所定の日数を実際に登校して単位をとります。