大学に合格出来ない者は、到底、司法書士試験に合格できません!

基礎法学の知識があることが大前提。

法律家には弁護士・司法書士・行政書士など多数あり、守備範囲の広い弁護士と司法書士に関しては、まずは大学法学部で学ぶ必要があります。総合大学であれば法学部をもつ大学が多いですが、司法試験(弁護士試験)と司法書士試験に合格できるスキルを持つ大学は限られてきます。行政書士試験に合格するには、中卒程度の学力があれば独学でも合格できますが、司法試験に合格するには、大学を卒業して更に法科大学院へ通う必要があります。司法書士試験の場合は、法学部で基礎を学んだ方なら、通信教育講座等を利用して合格するをことも可能です。

司法書士試験は、最難関国家試験のひとつ。

司法書士試験の場合は、基礎法学の知識がある方なら独学で合格するをことも可能と述べましたが、司法書士試験の合格率は3%前後です。司法書士試験は、司法試験と並び最難関の国家試験と言われており、司法試験に合格しても司法書士試験に不合格になることは不思議なことではありません。知識のない方は司法書士を代書屋と呼びますが、司法書士試験に合格できるような知識の持ち主は、司法書士試験の難関を知っているので司法書士をリスペクトしています。

合格実績のある専門学校で効率的に学ぶ。

オールランドプレイヤーである弁護士は、法律全般の知識が必要です。司法書士試験は、司法試験に比べれば範囲は比較的限定されていますが、科目一つ一つの熟知度は司法試験より遥かに必要となります。司法書士でも通信教育がありますが、基礎法学の知識がある方を前提としています。大卒でも法学部以外の方が、通信教育で司法書士試験に挑むのは、時間と費用の無駄になることは火を見るより明らかです。司法試験を挫折するような方は、到底、司法書士試験に合格できるはずもありません。法律は度々改正されるので、司法書士になるには、合格実績のある専門学校へ通い効率的に学ぶことが賢明です。大学さえ合格出来ない者が、人生一発逆転を狙って、司法書士試験に合格出来るほど甘いモノではありません。

司法書士の試験は、登記実務や簡易裁判所での訴訟代理実務を担当する司法書士になるための試験で、筆記試験と口述試験による資格認定試験です。